学校長挨拶

 

宮城県白石高等学校長 脇坂晴久
 

 

 

  歴史と文化の香る街にある,白石高校で学びませんか
 


 宮城県白石高等学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
 白石高校は,南蔵王の峰々を望む,歴史と文化の香る街・宮城県白石市に位置する県南地域の拠点校です。本校は,長い歴史と伝統を誇った旧白石高校と旧白石女子高の両校が,平成22年に統合されて創立8年目を迎え,普通科,県内唯一の看護科,及び七ヶ宿校から構成されています。
 普通科では,進学重視型単位制を取り入れ,国公立大学を中心とした四年制大学への進学を目指しています。また,看護科においては,専攻科を有し,「五年一貫教育」での質の高い看護師の養成を目指しており,地域の医療に対する大きな使命を果たしています。さらに七ヶ宿校は,豊かな自然に恵まれた素晴らしい環境の中で,少人数の特性を生かして個に応じた指導を展開し,地域社会に貢献できる人材の育成を目指しています。
 本校は,「志操凜風(しそうりんぷう),進取創造(しんしゅそうぞう),自彊不息(じきょうやまず)」という校訓を踏まえて,「二十一世紀の社会を担う人材育成」を目指し,将来,地域社会及び国家に貢献するとともにグローバルな視点に立って地球社会をリードできる有為な人材を育成することを学校の教育目標としています。
 このような目標を達成するための教育活動の特色としては,何より授業を大事にしています。日々の授業において,現在の「主体的,対話的で深い学び」の推進という動向を踏まえて,「基礎基本の知識・スキル」と「思考・判断・表現力(実践力)」との,両方のバランスとれた育成を目指し,各教科・科目の特性を活かした実践・研究が行われています。
 また,若い生徒の多感な生命力を発揮する機会として,部活動や学校行事にも力を入れて取り組んでいます。本校では文化部が17部,運動部が22部と充実しており,学習活動と部活動を両立させながら,全国大会や東北大会に出場するなど活躍をしています。さらに,角田高校との定期戦や校内合唱祭など学校行事も充実しており,規律ある生活の中にも若いエネルギーが溢れています。
 一方,七ヶ宿校の部活動は,前半は全員が運動部に所属し,毎日活動をしています。後半は,全員が文化部に所属し,文化祭への取り組みを強化するなど,一年を通して充実した活動をしています。
 歴史と文化の香る街にある白石高校で,志を持って大いに学び,未来の時代をつくろうとする,そんな意欲溢れる新入生をお待ちしています。

 

 

▲このページのトップに戻る