沿革

 本校は、白石高校(男子校)と白石女子高校が統合してできた学校です。

 ここでは、それぞれの学校の略歴とともに沿革を紹介します。

 

(旧)白石高校沿革

(旧)白石女子高校沿革

1899(明治32)年 刈田中学講習会として創立

1901(明治34)年 私立刈田中学校と改称

1903(明治36)年 郡立刈田中学校となる

1910(明治43)年 宮城県立白石中学校となる

 

 

1919(大正8)年 宮城県白石中学校と改称

 

 

 

1948(昭和23)年 新学制により宮城県白石高等学校と改称

        同年 定時制課程が併設される

1953(昭和28)年 野球班が東北大会で優勝し甲子園出場

 

1959(昭和34)年 プール落成(創立60周年記念事業)

1963(昭和38)年 角田高校との定期戦が始まる

 

 

1968(昭和43)年 生徒会館(益岡造士館)建設(70周年事業)

1969(昭和44)年 新校舎完成

 

1973(昭和48)年 服装が自由化される

1978(昭和53)年 創立80周年記念式典

 

1981(昭和56)年 第2グランド落成

1983(昭和58)年 造士館道場落成

1988(平成元)年 創立90周年記念式典

1991(平成3)年 白心堂落成

1995(平成7)年 七ヶ宿分校を七ヶ宿校と改称

 

1999(平成11)年 創立100周年記念式典、第二体育館新築

 

 

 

 

2007(平成19)年 定時制中心校が生徒募集停止

 

2010(平成22)年 定時制中心校閉講式

       同年 宮城県白石女子高等学校と統合

 

 

 

 

1911(明治44)年 白石町立白石実科高等女学校として創立

1918(大正7)年 郡立白石実科高等女学校と改称

 

1920(大正9)年 郡立白石高等女学校に昇格

1921(大正10)年 宮城県白石高等女学校と改称

1922(大正11)年 寄宿舎開設

1948(昭和23)年 新学制により宮城県白石女子高等学校と改称

 

 

1957(昭和32)年 寄宿舎を閉鎖(建物を銀杏寮と改称)

1959(昭和34)年 第一体育館落成。校庭拡張

 

1966(昭和41)年 山小屋しゃくなげ荘完成

1967(昭和42)年 衛生看護科を新設(准看護婦養成施設指定)

       同年 プール完成

1969(昭和44)年 新校舎完成

1970(昭和45)年 生徒会館完成(創立60周年記念事業)

 

 

1980(昭和55)年 定時制課程生徒募集停止

1981(昭和56)年 銀杏寮解体

1983(昭和58)年 定時制課程閉校記念式典

 

1991(平成3)年 銀杏会館完成(創立80周年記念事業)

 

1996(平成8)年 蔵王分校が宮城県蔵王高等学校として独立

 

2001(平成13)年 創立90周年記念式典

2002(平成14)年 看護科を新設(看護師養成施設指定)

        同年 山小屋しゃくなげ荘解体

2005(平成17)年 専攻科看護科一回生入学

 

2009(平成21)年 創立99周年記念式典挙行

2010(平成22)年 宮城県白石高等学校と統合

(新)白石高校沿革

2008(平成20)年10月 校舎建設着工

2010(平成22)年3月 校舎竣工、4月開校式・入校式・入学式、10月「校舎落成・開校記念式典」挙行

2011(平成23)年3月 第1回卒業式・第1回修了式(専攻科)挙行。

2011(平成23)年3月 東日本大震災が発生、校舎が一部損壊

 

歴代校長一覧

初代 千田 芳文 2010年4月1日〜2011年3月31日(1年間)
二代 小野寺 洋征 2011年4月1日〜2014年3月31日(3年間)
三代 田村 至 2014年4月1日〜2017年3月31日(3年間)
四代 脇坂 晴久 2017年4月1日〜
     

 

▲このページのトップに戻る