英語

 

 高校の「英語」は、大きく「コミュニケーション英語」と、「英語表現」に分かれます。

 

 以下、今年度の本校における授業の概要を紹介します。 対象生徒および必修/選択の扱いについては、別に掲げるカリキュラム表もあわせてご覧下さい。※「単位数」: 本校における1週間の授業時数(コマ数)を示しています。

コミュニケーション英語

 

今年度開講する授業

科目名 単位数 対象・必選 内容
コミュニケーション英語T 普1年必修   聞く・話す活動を多く取り入れながら、日常生活の話題について聞いたことや読んだこと(情報や考えなど)を理解し、英語で話したり書いたりして相手に伝える基礎的な能力を養うとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度をのばす科目です。
看1年必修
コミュニケーション英語U 普1年必修

看1年必修

  中学校と同様に、コミュニケーション能力を重視した活動を行いながら、日常生活の身近な話題に関する情報や考えを英語で聞いたり話したりして理解・伝達する基礎的な能力を養うとともに、中学校の基礎的な学習事項を整理して積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を伸ばす科目です。
コミュニケーション英語V 普3年必修  分かりやすく言えば、英語で書かれた長い文章を読解する力を養う科目です。2年までの学習内容を基に、精読よりむしろ速読・内容把握のための技能を高めることをねらいとします。

英語表現

 

今年度開講する授業

科目名 単位数 対象・必選 内容
英語表現T 普1年必修

看1年必修

  中学校と同様に、コミュニケーション能力を重視した活動を行いながら、日常生活の身近な話題に関する情報や考えを英語で聞いたり話したりして理解・伝達する基礎的な能力を養うとともに、中学校の基礎的な学習事項を整理して積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を伸ばす科目です。
英語表現U 普2年必修  さまざまな場面や目的に応じて、自分の気持ちや考え、概要、要点などを適切な英語で書き、相手に伝えられるようになることを目的とします。授業では、それに必要な基本的な文法事項、文の構造、語句の使い方などを学習します。
普3年必修  2年からの継続履修科目です。さらに発展したライティングの技能を伸ばすことをねらいとします。

学校設定科目

 上記のほか、学校設定科目として次の授業を開設しています。

 

今年度開講する授業

科目名 単位数 対象・必選 内容
時事英語     【工事中】
英語ナビ     【工事中】

 

 

▲このページのトップに戻る