保健体育

 

 高校の「保健体育」は、中学校と同様に「体育」と「保健」に大別されます。

 今年度は、4名の教員が、保健体育の授業を担当します。

 

 以下、今年度の本校における授業の概要を紹介します。 対象生徒および必修/選択の扱いについては、別に掲げるカリキュラム表もあわせてご覧下さい。※「単位数」: 本校における1週間の授業時数(コマ数)を示しています。

体育

 中学校と同じように、実技の学習をします。

 (写真は普通科3年生の授業風景です。手前:男子がバレーボール、奥:女子がバドミントンをしています。)

 

今年度開講する授業

科目名 単位数 対象・必選 内容
体育 普1年必修

看1年必修

1 体育理論 スポーツの歴史、文化的特性や現代のスポーツの特徴を理解し、運動やスポーツの効果的な学習の仕方について学習します。

2 体つくり運動 さまざまな運動を通して、健康の保持増進や体力の向上を図り、実生活に役立てることができるよう、体を動かす楽しさや心地よさを学習します。

3 器械運動(男子:マット運動) 回転系や技巧系の基本的な技を滑らかに安定して行うこと、条件を変えた技、発展技を滑らかに行うこと、それらを構成し演技することを学習します。

4 陸上競技(女子:ハードル走) スピードを維持した走りから、ハードルを低くリズミカルに越すことを学習します。

5 水泳(クロール) 手と足、呼吸のバランスを保ち、伸びのある動作と安定したペースで長く泳いだり速く泳いだりすることを学習します。

6 球技 さまざまな種目を通して、勝敗を競う楽しさや喜びを味わい、作戦に応じた技能や仲間と連携した動きを高めてゲームができるように学習します。

7 武道(男子:剣道) 基本動作や基本打突を身につけ、素早く技をしかけたり、応じたりするなどの攻防を学習します。

8 ダンス(女子) 感情を込めて踊ったり、仲間と工夫して踊ったりする楽しさや喜びを味わい、表現や踊りを高めて発表できるように学習します。

普2年必修

1 体育理論

2 体つくり運動

3 器械運動(女子:マット運動)

4 陸上競技(男子:ハードル走)

5 水泳(平泳ぎ・背泳ぎ)

6 球技

看2年必修
普3年必修

看3年必修

1 体育理論

2 体つくり運動

3 球技

保健

 

今年度開講する授業

科目名 単位数 対象・必選 内容
保健 普1年必修 1 現代社会と健康

 わが国の疾病構造や社会の変化に対応して、健康を保持増進するためには、個人の行動選択や社会環境づくりが大切であるという考え方を生かし、人々が自らの健康を適切に管理すること及び環境を改善していくことについて学習します。

普2年必修 1 生涯を通じる健康

 生涯の各段階において健康についての課題があり、自らこれに適切に対応する必要があること及びわが国の保健・医療制度について学習します。

2 社会生活と健康

 社会生活における健康には、環境や食品、労働などが深くかかわっていることから、環境と健康、環境と食品の保健、労働にかかわる活動や対策について学習します。

 

 

▲このページのトップに戻る