看護科の概要

「看護科」って何?

 「看護科」は、看護師を養成する課程です (1学年1学級)。白石高校の看護科は、(旧)白石女子高校において昭和42年に衛生看護科としてスタートしました。平成14年より5年一貫教育 の看護科になり、統合に伴って新しい白石高校に引き継がれました。

 白石高校の看護科に入学すると、まず3年間普通教科の他に看護に関する専門科目を学びますが、この3年間の勉強だけでは看護師の資格を取ることは出来ません。卒業後、さらに専攻科に進学して2年間の勉強を続ける必要があります。こうして、中学校卒業後5年間の勉強をしたのち、やっと正看護師の国家試験の受験資格を得ることができるのです。

 このように、白石高校の看護科は、5年間の勉強を一貫して行うことができる学校です。15歳で一生就くであろう仕事を決めるということは、並々ならぬ決意がいることだと思いますが、「将来看護師として働きたい」と思っている人にとっては、中学校卒業からの5年間で看護師の資格を取れる最短のコースですから、まさに最適の学科といえます。看護科・専攻科を卒業すれば、将来就職できないということは、まずありません。現に、県内外で活躍している卒業生はとてもたくさんいます。

 ちなみに、平成19・20・22・23・25・26・27年度の本校(旧白女高含む)卒業生の国家試験合格率は100%です!

看護科の特徴

 5年間で看護師を養成するための学科なので、当然1年生から看護に関する科目を学ぶことになります。病院などでの実習もあります。学年が上がるごとに実習の回数も増えていきます。

 校舎の看護科棟には、実習に関する施設設備が充実しています。第1・第2・第3の実習室、ゼミ室、看護図書室などの設備を通して、医療に関する基礎知識・技術を学んでもらうことになります。

 なお、普通科の「単位制」とは違って、看護科は「学年制」です。したがって、全ての科目において定められた授業に出席し、合格点を取らなければ、次の学年に進級したり卒業することができないようになっています。

 看護科を卒業すると、希望者は2年間の専攻科に進学することになります。専攻科では、かなり高度な看護専門科目を学ぶことになります(数学や英語などの一般教科もあります)。また、1年間の半分は看護臨床実習があります。

看護科の学習内容

 2016(平成28)年度入学生(現・高1年生)のカリキュラムは、こちらからご覧いただけます。

 2015(平成27)年度入学生(現・高2年生)のカリキュラムは、こちらからご覧いただけます。

  2014(平成26)年度入学生(現・高3年生)のカリキュラムは、こちらからご覧いただけます。

 2013(平成25)年度入学生(現・専1年生)のカリキュラムは、こちらからご覧いただけます。

 2012(平成24)年度入学生(現・専2年生)のカリキュラムは、こちらからご覧いただけます。

 

 ※カリキュラムとは、生徒が学校で受ける1週間分の授業を一覧表にしたものです。この表を見ると、1週間にどんな科目の授業が何時間あるかが分かります。

 

各教科の授業内容(概要)
>>看護科専門科目
>>普通科と共通の教科・科目
  >>国語 >>地歴・公民(社会 ) >>数学 >>理科
  >>保健体育  >>芸術 >>英語 >>家庭
  >>情報 >>M&Tタイム(総合的学習 )    

 

※総合的学習の時間について

 本校では、「M&Tタイム」と呼んで、学校独自のカリキュラムを編成しています。詳しくは、>>こちらをご覧下さい。

卒業後の進路

 過去3年間の卒業生の進路について、こちらにまとめていますので、ご覧下さい。

 

3・11の現場から
                       石巻赤十字病院 A・E (看護科1回生=平成18年度卒業生)
 被災した日は30時間くらいの連続勤務でした。病院は災害対策本部の立ち上げと同時にトリアージ体制になりました。私は3月から救急センターへ異動になったばかりでしたが赤エリア(重症)の担当になり処置にあたりました。石巻市内で機能していた病院は当院だけでしたので全ての救急車、救急患者が夕方から夜中にかけて押し寄せました。
 津波による低体温や外傷が主で初めての事が多く戸惑いもありました。医療者も体制が整わないままに働き、患者さんたちも行き場を失いみんながみんなパニックになっていました。
 家族の安否や家の状況も分からないままにみんな働き、あまりの忙しさにそんなことは忘れていました。4日目頃から携帯も使えるようになり友達や家族の安否確認も出来て家の状況も確認出来て少しホッとしました。
 今回の被災で家も友達も親戚もこれまでの思い出や風景も失ったものは数えきれない程あって、辛さも不安もたくさんあります。ただそんな中でも看護師としての誇りと自信は得ることができました。これまでの4年間の経験では話にならないくらいたくさんのことを学んで命の大切さや尊さ、儚さも知りました。
 当院に対して様々な批判もあるようですが、現場ではあれが精一杯で全てでした。助かる命を救うためにトリアージがあるのです。最後に自然に対して人間はみんな無力だけど残った命を大切にすることを私が関わったスタッフや患者さんと約束しました。
 被災現場をみるといつも助かったことは決してラッキーなんかじゃないって思えるからです。私から発信する力はないけれど少しでも何か感じてくれたら嬉しいと思います。(平成23年4月19日)
                                             (「看護科だより」より転載しました)

看護科の主な行事

(凡例) 高:高校課程 専:専攻科課程 T:1年 U:2年 V:3年

摘要

専U:実習(68日間)

専T・U:外部模試

 

専U:外部模試

専U:病院実習就職説明会

専T:解剖実習

高1・2:実力診断テスト

高3:実習

専U:国家試験説明会

高3:専攻科説明会

専U:外部模試

高3:実力判断テスト

専U:外部模試

専T:外部模試

10

専T:実習(44日間)

高3:実習

12

高3:実習

高2:実習(11日間)

 

 

▲このページのトップに戻る