M&Tタイム 1年次

どんな勉強をするの?

 1年次のM&Tタイムでは、例年、「学問研究」(4月〜 6月)や、「東北大学オープンキャンパス」の見学(7月下旬)、野外巡検(9月下旬)、ディベート(10月〜2月)を行っています。

「学問研究」(4月〜6月)

 「学問研究」は、大学での学問内容を、その学問を勉強した経験のある本校教員から聴き、進路意識を高めるという企画です。開設される講座は、理科と社会を中心とした 約15講座です。下表はある年度のものです。テーマは毎年少しずつ違いますが、生徒はこの中から3〜4つ程度を選んで毎週違った講座を受け るのが慣例になっています。

 

選択群

番号

テーマ

関連する科目

A群

農学の世界にイソフラボンジュール

化学

物理とは?

物理

生命をつなぐBiology 〜赤ちゃんを産みたい患者たちへ〜

生物

火星移住計画 〜火星は第2の地球になれるのか〜

地学

B群

世界史への誘い

世界史

日本史概論

日本史

地理って? 〜何でも学べる欲張りな科目なんですよ〜

地理

「悪法も法なり」は正しいか 〜法の背後にある思想〜

倫理

経済学入門

政治経済

C群

10

世界の歩き方

英語

11 身近な言葉と漢文 国語
12 数の性質について学ぶ 数学
13 看護リフレクション 看護

14

最高を目指す君たちへ 〜オリンピック選手に学ぶ〜

体育

15

World Music への扉

音楽

「東北大学オープンキャンパス」の見学(7月)

 毎年7月下旬に開催される東北大学の公開行事「オープンキャンパス」に1年次の生徒全員が参加します。

 例年、川内(文系学部)・青葉山(理工薬学部)・星陵(医学部)・雨宮(農学部)の各キャンパス別に行先の異なる7台の観光バスに分乗して朝8時30分に出発し、自分自身の計画に沿って見学・体験学習をしたのち、川内キャンパスに集合、午後3時30分に東北大を出発して帰って きます。東北六県から多数の高校生が集まってきていて学内は大混雑になりますが、生徒たちはそれぞれ有意義な一日をすごしています。

 

「野外巡検(SOL活動)」 (9月)

 校外に出かけて調査・研究する活動です。 1年次の生徒全員が、国語1コース・社会3コース・理科3コースの計7コースに分かれて出かけるのが慣例になっています。下表はある年度のものです。見学地は毎年少しずつ違いますが、生徒はこの中から 1つを選んで参加します。帰校後は発表会も行われます。

 

野外巡検の愛称

 

「SOL活動」(発音:そるかつどう)

 

M&Tタイムを企画・運営している「企画研究部」が部内で検討した結果、

愛称を上記の通り定めました。

「School Out Learning (学校の外で学ぶという意味の直訳和製英語の頭文字)」という意味です。

 

 

コース番号 関連科目 見学地
国語 宝珠山立石寺(山寺)、斎藤茂吉記念館
化学 山形大学理学部(模擬授業)、角田宇宙センター
生物 山形県立自然博物園
地学 石川町歴史民俗資料館、和久観音山鉱山跡、入水鍾乳洞
地理 トヨタ自動車宮城大和工場、キリンビール仙台工場
歴史 米沢市上杉博物館、上杉家廟所、亀岡文殊
公民 仙台地方裁判所、宮城県議会

ディベート(10月〜2月)

 ディベートとは、“競技としての討論”です。特定の問題について賛成・反対の二組に分かれ、一定のルールの下で同じ持ち時間で「立論」・「尋問」・「反駁」を おこない、相手を説得する技術を競うものです。

 例年、クラス内の対戦(11〜12月)を2回程度おこない、2月にクラス対抗ディベート大会を行います。どの対戦においても、大変白熱した討論が展開されま す。下表はある年度のものです。

 

実施日

活動内容

対戦の論題

10月31日 オリエンテーション  
11月7日 @準備  
11月14日 @ディベート @白石高校生は制服を着用すべきである 、是か非か?
11月21日 A準備  
12月5日 A準備  
12月12日 Aディベート A選挙権は18歳以上に与えるべきである、是か非か?
12月27日 Bクラス対抗大会準備  
1月16日 Bクラス対抗大会準備  
2月6日 Bクラス対抗ディベート大会 B日本はTPPに参加すべきである、是か非か?

 

クラス対抗ディベート大会の様子

 

 

▲このページのトップに戻る