ともに学ぼうよ!メッセージ

 

 白石高校の受験を考えている中学3年生の皆さんへ、そして白石高校の受験を考えてほしい中学3年生の皆さんへ、 昨年度、(旧)白高生・白女生から寄せられた、メッセージを紹介します。

 

 

白女は、雰囲気がいい!!

 行事のときなど、先輩たちがすごく盛り上げてくれるので楽しいですよ。 体育祭のとき、白女入ってよかったなあ‥って思いました。


白石は

 歴史を身近に感じることができる、とってもいいところです。


新校舎だよ!

 やっぱりキレイが一番!近いし、きれいだし、ものすごく勉強がんばって白高へGO! (by大村)


白女の素敵なところ

  部活も勉強も一生懸命なところです。それから、挨拶がとってもさわやかで、いつも明るい。よいところがいっぱいの、すばらしい学校ですね。私は高校生になったら、部活を一番がんばろうと思っていました。白女には、たくさんの部活があって、何にしようか、とても悩みましたが、ソフト部の先輩方に憧れて、ソフト部にマネージャーとして入りました。そして、先日行われた仙南新人大会で私たちは見事優勝し、県大会出場を決めたのです。しかし、県大会当日と同じ日に、先輩方は他の事情で出られず、1年生だけのチームで、しかもマネージャーの私も出なければいけなくなりました。私は、ソフトボール未経験だし、まったく運動ができません。不安でいっぱいでした。怖くてたまらなかったです。だけど、そんな時先輩が、「練習手伝うよ。」ってメールをくれたのです。私は嬉しくて、泣いてしまいました。次の日、朝錬をしにグラウンドへ行くと、メールをくれた先輩のほかにも、手伝いに来てくれた先輩がいて、先輩方はみんな真剣に、だけど優しく教えてくれました。朝錬には私以外の一年生も集まって、県大会に向けて、必死にがんばってます。私はそんなソフト部が大好きです。白女に入学しなかったら、このソフト部には、出会えなかったです。だから、受験のとき、私を受け入れてくれた白女には大変感謝しています。本当に素敵な学校だから、ぜひ受験してほしいなぁと思います。待ってますよー。 (by ソフト部マネジ・スーパーりかこ)


俺らは

 大河原中学校出身の某テニス部と某陸上部の3年だ。俺らが何故”全国大会”まで勝ち進めたか、それはひとえに歴代の先輩諸侯すなわち真の漢達にしごかれ、尚且つ彼らの精神を真摯に受け止め、それを自らのものへと昇華したからである。新統合校にこの”精神”が受け継がれ、諸君たちが真の漢になってくれることを強く願う。 (by THE!!インリイ'S)


俺は

 仙台一高に落ちている。だがしかし、今ではそれでよかったと思っている。なぜなら、落ちていなければ、この白高と出逢わなかったからだ。俺はこの白石で数多くのことを学んだ。特にかけがえのない””戦友”と白高の”精神”は俺の一生のtreasureだ。俺はこの白高が統合でなくなってしまうことを大いに哀しんでいる。しかし、中学生のみんなが白女と白高の”心意気”を受け取り、真の漢と乙女になってくれれば、俺も安心して”旅立ち”できる。そして、俺のようにかけがえのないtreasureを見つけてほしい。 (by SHOW☆太郎 from MURATA)


過程を

  大切に育めば 結果は美しい。


個性豊かな

 教授陣とねじの外れた学生が魅力の学校です。基本的にはやることをやっていれば、何をしても大抵許されます。私服なので、自分の個性を惜しみなく発揮できるよ!!ヤッタネ!!(あまりに個性的過ぎる服は、周囲の注目の的になります。気をつけましょう)学校行事は普通ですネ。特にこれといっておかしなものはありません。こんな素敵な学校にも欠点はあります。長期休暇が短いことです。入ってから実感しました。一日の授業も7時間と少し長めです。これは慣れてください。最後に、新・白石高校の生徒になるであろう諸君に、先輩として一言。「ほどよく頑張れ!!」 (by ガネメの味方)


志望校での

 生活は楽しいよ☆白女は楽しくて、感動できる行事もあるし、優しくて、おもしろくて、自分の意思をしっかり持ってる先輩たちも多い!!大変なこともあるけど、とにかく白女は楽しい。来年から統合だし、白高においでー♪ (by ばいきんまん)


こんにちは。

 今中学3年生の皆さんは高校受験に向けて、毎日努力していることと思います。私が皆さんと同じ中学3年生のころを振り返ってみると、なんとなく家から近いし、普通科に入って…ということしか正直考えていませんでした。ですが、今こうして無事に白女生として生活していて、たくさんの人と出会うことができたし、部活などの活動を通してよい経験ができました。中学生のときに比べて、”視野”が広がったなと思います。白女に入学してよかったです。今、受験生として不安や焦りなどあると思いますが、ぜひ自分のベストを尽くしてもらいたいと思います。でも息抜きもしてくださいね。大変な時期だと思いますが、今をenjoyしてください。新白石高校でお会いできるのを楽しみにしています。 (by 0830☆)


仙南一の

 学力を誇る白高と白女が一緒になるってことは、最強の学校になりますよ! 中学とは比べものにならないくらい勉強は難しいですが、先生方のサポートがあるので結構乗り越えられます。 (by 郁)


クラスや

 部活を通して、友達の輪が広がりました!いろいろな考えの友達がたくさんできて、すごく楽しい毎日を送っています!勉強も、周りのみんなからいい刺激を受け、文武両道に励んでいます。中学生の皆さんも、今できることを精一杯頑張ってください☆きっと楽しく充実した高校生活が待っていると思います。 (by きてぃ)


メッセージ

・正直勉強が大変だけど、これをしっかりやったら行きたい大学や就きたい職業に就けると思う。
・行事が少ないので1つ1つの行事が楽しめる。
・「白女です」って言うとこの辺じゃ「頭いーんだ。」って言われる。ちょっと優越感(笑)
・まだ進路決まってないなら、ここの普通科に入ったほうがいいよ。
  (by WHO)


私は

 地元を飛び出して、憧れの白女に入学しました。入学当初は、学校に馴染めるか、友達を作ることができるかなど、不安はたくさんありましたが、今ではそんな不安はありません!白女には、優秀な生徒がたくさんいます。でも決して硬くはありません。普段は普通の女子高生で、いざという時には団結!けじめをしっかりとつけています。私は白女に来て、視野が広がりました。思い切って地元を飛び出すのも悪くないですよ(*'∀`)/


白女って

 入学する前は先生とか固いイメージがあったのですが、全然そんなことなくて、むしろ面白くて親しみやすい先生たちで、生徒に対していつでも真剣に対応してくれます!! これから入学する人は、それぞれ目標をもって勉強すれば、充実した高校生活を送れると思います!!
がんばれぇぇ(≧∀≦) (by MIKU初音)


看護科は

 み〜んな仲良しです☆体育祭では最後に1〜3年みんなでマイムマイムを踊るのも、看護科の醍醐味です。最高級に楽しいよ(∩ヽ・∀・∩)◇ (by あくまっこ)


受験生のみなさん

 こんにちは!!今回は白高のホームページをご覧いただきどうもありがとうございます。
 私は、白女に通っている1年生です。今年白女に合格して、毎日とても充実しています。部活は、吹奏楽部に所属しています。白女の吹奏楽部は、春と秋に定期演奏会をやっているのでみなさんの中でも聴きに来てくれた方もいると思います。先輩はみんな面白いし、楽器を演奏するのもスゴく楽しいです。だから私は、吹奏楽部に入って良かったと思っています。白女も白高も進学校なので勉強は大変ですが、自分の好きな部活と勉強を両立しながら自分を磨いていけるのは幸せなことだと思います。
 来年は、新白石高校に変わり、私も不安なことがたくさんあります。みなさんも高校生になるのは不安ですよね。でも、しっかり自分の意思を持ち、勉強と部活を両立すれば自分に自信がつきます。そのためには、自分にあっている高校を選ぶことが大切です。一人でも多くの受験生に、来年新校舎で会えることを楽しみにしています。 (by 少女S)


こんにちは(^^)

▼三大祭があるよ!
 白女では、体育祭、合唱祭、文化祭と大きな祭りがあります。体育祭では「女であることを忘れて戦い」、合唱祭では「キレイな声がホールいっぱい響き渡り」、文化祭では「たくさんの人でにぎわい」、3つそれぞれの楽しみがあります。
▼必死で打ち込める部活があるよ!
 中学校とは違い、先輩後輩の仲がよく、部活にも集中することができます。又は、一生懸命に指導してくれる素晴らしい先生もいます。だから、部活を通して仲間と一緒に高い目標に頑張って向かっていくことができます。
▼いつでも熱心に勉強を教えてくれる先生がいるよ!
 授業で理解できなかった内容や、自分でやってみてもわからなかったところは、個人的に先生のところに聞きに行くと、丁寧に教えてくれます。また、英語と数学は習熟度別クラスに分かれているから、自分のレベルに合った授業を受けることができます。


皆さんこんにちは!

 私は演劇部に入るため、この白女に入学しました。中学校の頃から演技することに興味があったのですが、演劇部自体がなかったので、白女演劇部の見学に行ったとき、一瞬で惚れてしまいました(笑)。また、同じ趣味を持つ素敵な仲間に必ず一人は出会えます!「友達作るの苦手…」と言っていても、いつの間にかできていますよ☆春に皆さんと新しい校舎で会えるのを楽しみにしています!入学した際には、ぜひ、新・白高演劇部へお越しください♪男子生徒の皆さんも、歓迎しますよ!! (by TEAM音響)

 

▲このページのトップに戻る